挨拶にかえて

筆名は井神智志。北海道生まれ。

小学校の図書室でルパンとホームズと江戸川乱歩を発見。

大きくなるにつれて親の赤川次郎を読み出し、そこから菊地秀行に傾倒する。

今はネットで小説が読める良い時代。

たいしたことはできないが、自分でも何か書きたくなった。

 

三文とは江戸時代で草鞋を買える程度のお金。

価値としては三〇円から三〇〇円くらい。ちょっと幅があるけれどまぁ安いことは間違いない。

 

三文で手に入るような、手軽に楽しめる軽くて面白い話が書けるよう精進したい。

更新作品

さんもん小説

三文くらいで手に入るような小説を一生懸命書いています

お知らせ

ピックアップ